MATCH
試合情報・スケジュール

2017/02/18 (土) 13:00 KICK OFF
バルバロッサ東京・埼玉
4-4
TEAMイタリア
  • ゴール 12' 尾上 和隆
  • ゴール 28' 岩崎 達雄
  • ゴール 32' 岩崎 達雄
  • ゴール 80' 小川 信樹
  • ゴール 56' TEAMイタリア
  • ゴール 64' TEAMイタリア
  • ゴール 68' TEAMイタリア
  • ゴール 80' TEAMイタリア
 

Line-ups

2 DF尾久 博通2試合 0得点
3 DF小川 信樹7試合 2得点
4 MF岩崎 達雄7試合 7得点
5 DF水出 吉則0試合 0得点
6 DF釜崎 洋7試合 0得点
7 MF倉片 寛6試合 1得点
8 MF高橋 賢司6試合 0得点
9 FW瀧 志之和6試合 9得点
10 FW勝山 紘行6試合 3得点
11 FW小原 輝勝6試合 0得点
12 MF吉岡 雅英0試合 0得点
13 DF飛台 勇人5試合 0得点
14 MF飯野 義則0試合 0得点
15 DF坂本 高昭0試合 0得点
16 DF市川 琢也1試合 0得点
17 MF田中 佑弥3試合 0得点
18 MF今井 孝志0試合 0得点
19 FW永沢 義則0試合 0得点
20 DF今井 俊平4試合 0得点
21 MF藤木 孝史0試合 0得点
22 MF尾上 和隆6試合 1得点
23 DF佐藤 毅1試合 0得点
24 DF酒井 毅2試合 0得点
25 MF山田 祐太0試合 0得点
26 MF菅田 幸希5試合 0得点
31 DF三井 一樹2試合 0得点
33 DF中野 拓也1試合 0得点
36 GK森 哲文5試合 0得点
68 DF内藤 浩則0試合 0得点
88 MF原 一輝0試合 0得点
92 FW内藤 徹2試合 0得点

Highlights

Reports

今年最初のイタリア政策遂行の日である。去年はようやくイタリアに勝ち越した。今年は神聖ローマ帝国バルバ朝皇帝として、権威を確固たるものにし、どんなに相手が元Jリーグチームユース選手を無尽蔵に引き入れる人脈力を前にしても、完膚なきまで叩かなければならない。

さて、試合であるが尾上が田中のループシュートからドカンと幸先よく決めれば、岩崎がコーナーキックと直接フリーキックで3点先制すれば、ラヴェンナはオレのもの、いやいや本丸ローマもオレのものにしちゃおうかなと浮かれに浮かれていると、史実通り、疎かになるは足元である。

余裕からか守備は疎かに、功を競る前線は前のめりの転倒。そして3点差を追いつかれる大失態を演じるのである。

全くもっての喜劇であるが、小川のミドルが幕切れとばかりにゴールを切り裂いて勝ち越しに成功するのだが、幕はどこかに引っかかったのか、異様に長いロスタイムに再び同点に追いつかれ、神聖ローマ帝国バルバ朝皇帝の権威は失墜したのである。

Match Cast

1本目 1-0


森 哲文

市川 琢也

飛台 勇人

釜崎 洋

小川 信樹

高橋 賢司

倉片 寛

田中 佑弥

岩崎 達雄

今井 俊平

尾上 和隆
  • 12'ゴール尾上和隆のゴール 1-0

  • 20'1本目終了

2本目 1-0


森 哲文

市川 琢也

飛台 勇人

釜崎 洋

小川 信樹

高橋 賢司

倉片 寛

田中 佑弥

岩崎 達雄

今井 俊平

尾上 和隆
  • 28'ゴール岩崎達雄のゴール 2-0

  • 32'ゴール岩崎達雄のゴール 2-0

  • 40'2本目終了

3本目 0-1


森 哲文

小川 信樹

飛台 勇人

釜崎 洋

尾上 和隆

高橋 賢司

倉片 寛

田中 佑弥

岩崎 達雄

勝山 紘行

今井 俊平
  • 56'ゴールTEAMイタリアのゴール 3-1

  • 60'3本目終了

4本目 1-3


森 哲文

市川 琢也

今井 俊平

釜崎 洋

小川 信樹

高橋 賢司

倉片 寛

田中 佑弥

岩崎 達雄

勝山 紘行

尾上 和隆
  • 64'ゴールTEAMイタリアのゴール 3-2

  • 68'ゴールTEAMイタリアのゴール 3-3

  • 80'ゴール小川信樹のゴール 4-4

  • 80'ゴールTEAMイタリアのゴール 4-4

  • 80'4本目終了

Photos

2017/02/18 vs TEAMイタリア アルバムを見る

Statistics

7 試合 4 勝 2 分 1
勝率 0.800

23 得点 10 失点 得失点差 +13 
1試合平均得点 3.28 点 1試合平均失点 1.42