vs

2016/03/06 (日) 13:00 レッズランド 人工芝サッカー場
2016/03/06 (日) 13:00 KICK OFF
バルバロッサ東京・埼玉
8-2
Softbank Tokyo FC
  • ゴール 8'飯野 義則
  • ゴール 49'高橋 賢司
  • ゴール 60'倉片 寛
  • ゴール 64'小原 輝勝
  • ゴール 66'小原 輝勝
  • ゴール 68'高橋 賢司
  • ゴール 72'小原 輝勝
  • ゴール 75'高橋 賢司
  • ゴール 24'Softbank Tokyo FC
  • ゴール 80'Softbank Tokyo FC
 

Line-ups

2 DF尾久 博通5試合 1得点
3 DF小川 信樹6試合 3得点
4 MF岩崎 達雄7試合 2得点
5 DF水出 吉則0試合 0得点
6 DF釜崎 洋6試合 0得点
7 MF倉片 寛5試合 2得点
8 MF高橋 賢司8試合 4得点
9 FW瀧 志之和7試合 5得点
10 FW勝山 紘行7試合 2得点
11 FW小原 輝勝5試合 4得点
12 MF吉岡 雅英0試合 0得点
13 DF飛台 勇人7試合 0得点
14 MF飯野 義則1試合 1得点
15 DF坂本 高昭0試合 0得点
16 DF市川 琢也1試合 0得点
17 MF田中 佑弥3試合 1得点
18 MF今井 孝志0試合 0得点
19 FW永沢 義則4試合 6得点
20 DF今井 俊平4試合 1得点
21 MF藤木 孝史0試合 0得点
22 MF尾上 和隆7試合 1得点
23 DF佐藤 毅0試合 0得点
24 DF酒井 毅4試合 0得点
26 MF菅田 幸希6試合 0得点
31 DF三井 一樹1試合 1得点
33 DF中野 拓也2試合 0得点
36 GK森 哲文6試合 0得点
68 DF内藤 浩則0試合 0得点
88 MF原 一輝0試合 0得点
92 FW内藤 徹5試合 5得点

Highlights

Reports

滂沱の涙と、青春の汗。そして血反吐が、まるで大黄河が黄土を深く刻んだように、土のグラウンドを深く深く刻む。

若人よ見えるか!
あの遥かなる国立への道が。

だが、しかしここは人工芝のグラウンド。どんなに泣こうが、汗を流そうが、血を吐こうが、人工芝であるがゆえに、刻みようがない。

従って、ゆる〜く、まあ適当にね。昨日飲みすぎちゃったし。お互い傷つけ合うのはやめようね。ほら、ぼくたち社会人だから明日会社だし。というのが、成熟した大人のサッカー。

誤解なきよう、高校時代に国立目指して血の滲むような努力したような人間はバルバにいるわけがないことを明記しておく。

このような適当なチームでも、2016年は全勝。昨年からの連勝は8である。寒い冬は炬燵で丸くなりたい我々がなぜ勝ち続けているのか。

運である。

昨年より内容の悪い試合ばかりなれど、相手チームのシュートはポストを叩き、相手チームの不運は我々のゴールに直結する。

この日のSoftbank Tokyo戦もまさにこの展開。

8分に飯野がコーナーキックで混乱するゴール前をよそに、50代後半らしい冷静沈着なゴールで先制するも、試合内容は悪い。とくに前半はとにかく中盤でボールを保持できず、惨敗コースまっしぐら。一度乗ったレールを飛び降りるような勇気に我々はなく、同点に追いつかれた時は、もう終戦の予感。早くお家へ帰ろう。

諦めたら、運が巡ってくる。
人数がギリギリの相手の疲労が顕著となった。スペースが空く。スルーパスはチャンスとなる。

49分に瀧のスルーパスから高橋賢司が決めると、強風だから狙ったのか、煽られたのか倉片のコーナーキックが直接ゴールに吸い込まれて、3-1。

4本目は運を味方につけた我々の祭りである。どフリーの苦手な小原が緊張の面持ちで決めると、何かを掴んだのか、冷静沈着なゴールさらに2発でハットトリック。さらに高橋賢司も飛び出しに飛び出して2発とハットトリック。8-1。

終了間際に失点するも、試合展開からするとあまりに望外な大勝である。

Match Cast

1本目 1-0


")森 哲文

")尾久 博通

")飛台 勇人

")釜崎 洋

")今井 俊平

")菅田 幸希

")高橋 賢司

")尾上 和隆

")岩崎 達雄

")小原 輝勝

")飯野 義則
  • 24'ゴールSoftbank Tokyo FCのゴール 1-1

  • 20'1本目終了

2本目 0-1


")森 哲文

")尾久 博通

")高橋 賢司

")釜崎 洋

")今井 俊平

")菅田 幸希

")倉片 寛

")飯野 義則

")岩崎 達雄

")瀧 志之和

")勝山 紘行
  • 08'ゴール飯野義則のゴール 1-0
    コーナーキックの混戦。釜崎から飯野に渡り、落ち着いてゴール右上に決める。

  • 40'2本目終了

3本目 2-0


")森 哲文

")尾久 博通

")飛台 勇人

")釜崎 洋

")尾上 和隆

")菅田 幸希

")倉片 寛

")小原 輝勝

")高橋 賢司

")瀧 志之和

")勝山 紘行
  • 49'ゴール高橋賢司のゴール 2-1
    瀧の折り返しから高橋賢司が角度のないところから逆サイドに叩き込む。

  • 60'ゴール倉片寛のゴール 3-1
    倉片の左からのコーナーキック。強風に乗りそのままゴールに吸い込まれる。

  • 60'3本目終了

4本目 5-1


")今井 俊平

")飛台 勇人

")尾上 和隆

")釜崎 洋

")岩崎 達雄

")高橋 賢司

")倉片 寛

")飯野 義則

")瀧 志之和

")飯野 義則

")勝山 紘行
  • 49'ゴール高橋賢司のゴール 2-1
    瀧の折り返しから高橋賢司が角度のないところから逆サイドに叩き込む。

  • 64'ゴール小原輝勝のゴール 4-1
    左サイドから倉片のクロスが逆サイドフリーの小原へ。冷静に決める

  • 66'ゴール小原輝勝のゴール 5-1
    勝山が落としたボールに高橋賢司が走り、フリーの小原へ。小原が再び冷静に決める

  • 68'ゴール高橋賢司のゴール 6-1
    瀧のスルーパスから高橋賢司が抜け出し、GKとの1対1を落ち着いて決める

  • 72'ゴール小原輝勝のゴール 7-1
    倉片のコーナーキックから逆サイド小原が丁寧なヘディングでハットトリック達成

  • 75'ゴール高橋賢司のゴール 8-1
    密集した瀧のスルーパスがエリア内の高橋賢司へ。1人かわしてゴール。ハットトリック達成

  • 80'ゴールSoftbank Tokyo FCのゴール 1-1

  • 80'4本目終了

Statistics

8 試合 8 勝 0 分 0
勝率 1.00

43 得点 11 失点 得失点差 +32 
1試合平均得点 5.375 点 1試合平均失点 1.375