MATCH
試合情報・スケジュール

2016/02/27 (土) 15:00 KICK OFF
バルバロッサ東京・埼玉
5-3
NNP
  • ゴール 05' 永沢義則
  • ゴール 15' 永沢義則
  • ゴール 50' 永沢義則
  • ゴール 65' 小川信樹
  • ゴール 75' 内藤徹
  • ゴール 35' NNP
  • ゴール 60' NNP
  • ゴール 70' NNP
 

Line-ups

2 DF尾久 博通4試合 1得点
3 DF小川 信樹6試合 3得点
4 MF岩崎 達雄6試合 2得点
5 DF水出 吉則0試合 0得点
6 DF釜崎 洋5試合 0得点
7 MF倉片 寛4試合 1得点
8 MF高橋 賢司7試合 1得点
9 FW瀧 志之和6試合 5得点
10 FW勝山 紘行6試合 2得点
11 FW小原 輝勝4試合 1得点
12 MF吉岡 雅英0試合 0得点
13 DF飛台 勇人6試合 0得点
14 MF飯野 義則0試合 0得点
15 DF坂本 高昭0試合 0得点
16 DF市川 琢也1試合 0得点
17 MF田中 佑弥3試合 1得点
18 MF今井 孝志0試合 0得点
19 FW永沢 義則4試合 6得点
20 DF今井 俊平3試合 1得点
21 MF藤木 孝史0試合 0得点
22 MF尾上 和隆6試合 1得点
23 DF佐藤 毅0試合 0得点
24 DF酒井 毅4試合 0得点
26 MF菅田 幸希5試合 0得点
31 DF三井 一樹1試合 1得点
33 DF中野 拓也2試合 0得点
36 GK森 哲文5試合 0得点
68 DF内藤 浩則0試合 0得点
88 MF原 一輝0試合 0得点
92 FW内藤 徹5試合 5得点

Reports

天然芝グラウンドがゆえに快晴なのにピッチコンディション不良による中止。豪雨なのに人工芝サッカー場がゆえに試合開催義務が生じていたにもかかわらず、対戦相手未決での中止。個人的な話として数万円入った財布を紛失してしまったこともあり、あまりに痛恨の2週続けての長期休みとなってしまった。

3週間ぶりの試合は、NNPである。2016年に入ってからは、最も手ごわい相手である。とはいえ、我々は8連勝中である。2回の中止で勢いはすっかり削がれてしまったか。もしくは、実力は本物か。正念場である。

試合前に強烈なインパクトを与えたのはテイク(Take)氏こと酒井選手である。試合当日思わせぶりの「今日参加したい」というチーム連絡サイトへの書き込みに、参加人数が少なかった我々は沸き立つ。しかし、自ら勝手に欠席を決めてしまう自己完結型プレー。試合開始直後の敵のクリアミスをカットした倉片が無人のゴールにダイレクトで、落ち着いて外すシーンは、きっとテイク(Take)氏の不可解な行動の動揺による。とはいえ、一度沸き立ってしまったこのパッション。相手にぶつけよう。

開始5分。倉片のスルーパスに反応した内藤徹が中で待つ長永沢に正確なグラウンダーパスを送り、それをダイレクトで丁寧に押し込み得点。15分には、オーバーラップした尾久がペナルティ付近で永沢へグラウンダーのパスを送り、そのボールを少し浮かしながら背後に持って行き、反転しながらシュートで追加点を決める。

2本目の開始早々、倉片のスルーパスから高橋賢司が裏に抜け出しセンタリングも小原が落ち着いて外してしまい、その後見せ場なし。さらに失点も食らうという嫌な流れ。

3本目。嫌な空気を吹き飛ばす得点が生まれる。尾久ががスルーパスに反応し、右サイドをえぐって中で待つ永沢に優しいグラウンダーのパス。それをダイレクトで押し込みハットトリック達成。再び突き放すものの、スピード感あふれる我々。早々と嫌な空気に変わる。風上にもかかわずの失点。

ここでノリにノっている男の登場である。小川信樹。昨年0ゴールの声の大きい男が、2試合連続ゴール中とさらに声が大きくなりつつなる中、左サイドの高橋賢司のセンタリングが真ん中で競り合って流れたボールを3試合連続のゴールをサイドネットに叩き込むのである。直後、「小川、3試合連続ゴール!」とプレスリリースを自らの手で全世界のマスメディアに向けて発信したことは記憶に新しい。とはいえ、取り上げたメディアはオウンドメディアである当サイトのみだった。今度はアナログに号外を南与野駅前で配るべきであろう。

さて、風当たりが強くなったのか、風下のせいなのか、再びの失点で差は縮まる。さらには「いま再びの小原」。更には左サイドからサイドチェンジでドフリーで受けた小原さんが、強烈なシュートを落ち着いて枠を外す。小原のチャレンジは次節へ。

終了5分前。相手の疲労もピークに達し、ディフェンスラインの裏がぽっかりスペースが空く。スペース大好き内藤徹が飛び出し、だめ押しゴール。

5-3と、やや守備は不安定ながらも永沢のハットトリック、世界に轟く(未遂)の小川の3試合連続ゴール。内藤徹のだめ押しで勝利。
8連勝である。

Match Cast

1本目 2-0


")小川 信樹

")尾久 博通

")高橋 賢司

")飛台勇人

")市川 琢也

")尾上 和隆

")倉片 寛

")菅田 幸希

")小原 輝勝

")内藤 徹

")永沢義則
  • 05'ゴール永沢義則のゴール 1-0
    内藤徹からのグラウンダーのパスを、永沢が丁寧に押し込んで先制

  • 15'ゴール永沢義則のゴール 2-0
    尾久のパスから永沢が追加点

  • 20'1本目終了

2本目 0-1


")小川 信樹

")尾久 博通

")三井 一樹

")飛台 勇人

")市川 琢也

")高橋 賢司

")倉片 寛

")菅田 幸希

")尾上 和隆

")内藤 徹

")小原 輝勝
  • 35'ゴールNNPのゴール 2-1

  • 40'2本目終了

3本目 2-1


")小原 輝勝

")尾上 和隆

")三井 一樹

")飛台 勇人

")市川 琢也

")小川 信樹

")倉片 寛

")菅田 幸希

")高橋 賢司

")尾久 博通

")永沢 義則
  • 50'ゴール永沢義則のゴール 3-1
    尾久のスルーパスから、ダイレクトで永沢が反応。ハットトリック

  • 60'ゴールNNPのゴール 3-2

  • 65'ゴール小川伸樹のゴール 4-2
    高橋賢司のセンターリングが右サイドに流れたところを、小川がサイドネットに叩き込む。

  • 60'3本目終了

4本目 1-1


")小川 信樹

")尾久 博通

")尾上 和隆

")三井 一樹

")市川 琢也

")高橋 賢司

")菅田 幸希

")倉片 寛

")小原 輝勝

")内藤 徹

")永沢 義則
  • 70'ゴールNNPのゴール 4-3

  • 75'ゴール内藤徹のゴール 5-3
    相手チームが間延びしてきた間隙をついたスルーパスから内藤徹がだめ押しの5点目。

  • 80'4本目終了

Statistics

7 試合 7 勝 0 分 0
勝率 1.00

35 得点 9 失点 得失点差 +26 
1試合平均得点 5.00 点 1試合平均失点 1.30