2015/10/31 (土) 18:00 KICK OFF
バルバロッサ東京・埼玉
3
  • 1-0
  • 0-1
  • 0-1
  • 2-2
4
TEAMイタリア

Line-ups

2 DF Hiromichi Ogyu 尾久 博通 30試合 0得点 3 DF Nobuki Ogawa 小川 信樹 17試合 0得点 4 MF Tatsuo Iwasaki 岩崎 達雄 23試合 11得点 5 DF Yoshinori Mizuide 水出 吉則 0試合 0得点 6 DF Yo Kamasaki 釜崎 洋 20試合 0得点 7 MF Kan Kurakata 倉片 寛 22試合 6得点 8 MF Kenji Takahashi 高橋 賢司 31試合 5得点 9 FW Shinokazu Taki 瀧 志之和 29試合 22得点 10 FW Hiroyuki Katsuyama 勝山 紘行 30試合 8得点 11 FW Terukatsu Obara 小原 輝勝 29試合 8得点 12 MF Masahide Yoshioka 吉岡 雅英 0試合 0得点 13 DF Hayato Hidai 飛台 勇人 16試合 0得点 14 MF Yoshinori Iino 飯野 義則 5試合 1得点 15 DF Takaaki Sakamoto 坂本 高昭 6試合 0得点 16 DF Takuya Ichikawa 市川 琢也 12試合 0得点 17 MF Yuya Tanaka 田中 佑弥 25試合 13得点 18 MF Takashi Imai 今井 孝志 0試合 0得点 19 FW Yoshinori Nagasawa 永沢 義則 26試合 15得点 20 DF Shunpei Imai 今井 俊平 12試合 2得点 21 MF Takashi Fujiki 藤木 孝史 0試合 0得点 22 MF Kazutaka Onoue 尾上 和隆 31試合 6得点 23 DF Takeshi Sato 佐藤 毅 8試合 0得点 24 DF Takeshi Sakai 酒井 毅 10試合 0得点 26 MF Koki Sugata 菅田 幸希 9試合 1得点 31 DF Kazuki Mitsui 三井 一樹 9試合 1得点 33 DF Takuya Nakano 中野 拓也 6試合 0得点 36 GK Tetsufumi Mori 森 哲文 21試合 1得点 68 DF Hironori Naito 内藤 浩則 0試合 0得点 88 MF Kazuki Hara 原 一輝 1試合 0得点 99 FW Akira Naito 内藤 徹 14試合 9得点
  • 助っ人

Highlights

Match Cast

  • 1st バルバロッサ東京・埼玉

    瀧志之和のゴール 1-0
    瀧志之和の遠い位置からのループシュートがゴールに吸い込まれ、先制

  • 2nd TEAMイタリア

    TEAMイタリアのゴール 1-1

  • 3rd TEAMイタリア

    TEAMイタリアのゴール 1-2

  • 4th バルバロッサ東京・埼玉

    小原輝勝のゴール 2-2
    田中のスルーパスを小原が技ありで流すこむ。

  • 4th TEAMイタリア

    TEAMイタリアのゴール 2-3

  • 4th TEAMイタリア

    TEAMイタリアのゴール 2-4

  • 4th バルバロッサ東京・埼玉

    田中佑弥のゴール 2-2
    田中のフリーキックが一度は跳ね返されるも、こぼれたボールを冷静にループシュート。

Reports

4失点すれば、勝利の女神も呆れ果てる。「勝ちたい?笑わせるな、そのちんけなツラして」と鼻で笑われ、唾を吐き捨てられる。合コンならタバコの登場だ。

押し込まれる展開ながらも、瀧のロングシュートで先制したものの、2本目、3本目と走り負けして2失点と暗雲立ち込める。

それでも、4本目に強いと自負している我々。相手チームは既に2人脚をつった選手が出て、好機は我々にあり!小原の技巧的なシュートで同点に追いつくと、勝ちは見えたと前がかりになる。そして広大なディフェンスラインを突かれる結果となり、続けざまの2失点で万事休す。終了間際の田中のループシュート、さらにやけに長いロスタイムも味方にできず、3-4と敗北した。

20代のピチピチした若者を使うのは反則だ!と老境である我々は訴えたいが、負け犬の遠吠えである。

だが、ここで立ち止まってはいけない。

結成15周年記念の2015年。記録づくめの1年にしようではないか。

初めて通算100得点を超え最多得点を成し遂げた。あと2勝で最多勝利は更新。
そして最高勝率、1試合平均得点もおそらく手に届く。

あとは1試合平均失点である。2006年の1.773点と比べ、今季のこれまでの2.05点はやや厳しいものの、届かない数字ではない。

残り7試合、守備を見直し、史上最高の1年として締めくくろうではないか。

この試合のことは忘れよう。

Statistics

34 試合 19 勝 5 分 10
勝率 .655

112 得点 70 失点 得失点差 +42 
1試合平均得点 3.29 点 1試合平均失点 2.05

Stadium

レッズランド 人工芝サッカー場(さいたま市桜区)