2015/10/24 (土) 17:00 KICK OFF
バルバロッサ東京・埼玉
5
  • 0-2
  • 1-1
  • 1-0
  • 3-0
3
FCケズーリ

Line-ups

2 DF Hiromichi Ogyu 尾久 博通 29試合 0得点 3 DF Nobuki Ogawa 小川 信樹 16試合 0得点 4 MF Tatsuo Iwasaki 岩崎 達雄 23試合 11得点 5 DF Yoshinori Mizuide 水出 吉則 0試合 0得点 6 DF Yo Kamasaki 釜崎 洋 19試合 0得点 7 MF Kan Kurakata 倉片 寛 22試合 6得点 8 MF Kenji Takahashi 高橋 賢司 30試合 5得点 9 FW Shinokazu Taki 瀧 志之和 28試合 21得点 10 FW Hiroyuki Katsuyama 勝山 紘行 29試合 8得点 11 FW Terukatsu Obara 小原 輝勝 28試合 7得点 12 MF Masahide Yoshioka 吉岡 雅英 0試合 0得点 13 DF Hayato Hidai 飛台 勇人 15試合 0得点 14 MF Yoshinori Iino 飯野 義則 5試合 1得点 15 DF Takaaki Sakamoto 坂本 高昭 6試合 0得点 16 DF Takuya Ichikawa 市川 琢也 11試合 0得点 17 MF Yuya Tanaka 田中 佑弥 24試合 12得点 18 MF Takashi Imai 今井 孝志 0試合 0得点 19 FW Yoshinori Nagasawa 永沢 義則 25試合 15得点 20 DF Shunpei Imai 今井 俊平 12試合 2得点 21 MF Takashi Fujiki 藤木 孝史 0試合 0得点 22 MF Kazutaka Onoue 尾上 和隆 30試合 6得点 23 DF Takeshi Sato 佐藤 毅 8試合 0得点 24 DF Takeshi Sakai 酒井 毅 10試合 0得点 26 MF Koki Sugata 菅田 幸希 9試合 1得点 31 DF Kazuki Mitsui 三井 一樹 9試合 1得点 33 DF Takuya Nakano 中野 拓也 5試合 0得点 36 GK Tetsufumi Mori 森 哲文 21試合 1得点 68 DF Hironori Naito 内藤 浩則 0試合 0得点 88 MF Kazuki Hara 原 一輝 1試合 0得点 99 FW Akira Naito 内藤 徹 14試合 9得点

Highlights

Match Cast

  • 1st FCケズーリ

    FCケズーリのゴール 0-1

  • 1st FCケズーリ

    FCケズーリのゴール 0-2

  • 2nd FCケズーリ

    FCケズーリのゴール 0-3

  • 2nd バルバロッサ東京・埼玉

    倉片寛のゴール 1-3
    フリーキック。倉片寛の蹴ったボールは低い弾道でゴールに吸い込まれる。

  • 3rd バルバロッサ東京・埼玉

    永沢義則のゴール 2-3
    相手ディフェンダーからボールをカットした永沢が1人かわしてゴール。

  • 4th バルバロッサ東京・埼玉

    オウンゴール 3-3
    右サイドからドリブルで切り裂いた田中佑弥。4人目を交わしたところでの相手ディフェンダーのカットがそのままゴールイン。

  • 4th バルバロッサ東京・埼玉

    瀧志之和のゴール 4-3
    永沢のパスを勝山が後ろにそらし、走り込んだフリーの瀧が逆転ゴール。

  • 4th バルバロッサ東京・埼玉

    倉片寛のゴール 5-3
    倉片寛が再びフリーキックを決めた突き放す。

Reports

2点差は俗にいう「危険な点差」。リードするチームは油断しがちであり、追う側はまだ諦めない点差。だが、サッカーにおいて3点差は致命的である。逆転は奇跡と言ってもいい。

前半も終わっていないのに0-3となってしまった今、何を思うだろうか。豆腐メンタルである温室育ちの我々。後は怪我だけに気をつけて、なあなあに流して、早く帰ってお風呂に浸かりたいなあ。ママに泣きつきたいなあなどと思うのが関の山である。

だが、時間は半分ある。

3失点目直後に、倉片寛の直接フリーキックでのゴールで息を吹き返す。

3本目には永沢が決めて、1点差。

そして、ここ最近我々は4本目に強い。毎週のように試合をし、メンバーもほぼ固定されていることから、巧拙はともかく、スタミナだけはついてきたのである。相手のバテに突いて、いざ行かん。

格上の相手ながら、この時間になってようやくボールを支配する我々。田中のスピードとテクニックが相手ディフェンダーの落ち着いたオウンゴールを誘い、同点。

さらには永沢の粘りからのパスを、勝山が後ろにそらしたというか、トラップミスというか、後ろに走り込んだ瀧にボールが渡り、逆転ゴール。

とどめは倉片寛。中村俊輔が偉大な先輩としてフリーキックの妙技を学んだに違いない倉片寛のフリーキックが再びゴールに吸い込まれる。

結果は大逆転勝利。勢いに乗る勝利。我々は軽佻浮華。もう負けないよ。

Statistics

33 試合 19 勝 5 分 9
勝率 .678

109 得点 66 失点 得失点差 +43 
1試合平均得点 3.30 点 1試合平均失点 2.00

Stadium

レッズランド 人工芝サッカー場(さいたま市桜区)