2015/09/27 (日) 15:00 KICK OFF
バルバロッサ東京・埼玉
5
  • 1-1
  • 2-1
  • 0-1
  • 2-0
3
川越セピア

Line-ups

2 DF Hiromichi Ogyu 尾久 博通 26試合 0得点 3 DF Nobuki Ogawa 小川 信樹 14試合 0得点 4 MF Tatsuo Iwasaki 岩崎 達雄 21試合 11得点 5 DF Yoshinori Mizuide 水出 吉則 0試合 0得点 6 DF Yo Kamasaki 釜崎 洋 16試合 0得点 7 MF Kan Kurakata 倉片 寛 19試合 4得点 8 MF Kenji Takahashi 高橋 賢司 27試合 4得点 9 FW Shinokazu Taki 瀧 志之和 25試合 18得点 10 FW Hiroyuki Katsuyama 勝山 紘行 26試合 8得点 11 FW Terukatsu Obara 小原 輝勝 27試合 7得点 12 MF Masahide Yoshioka 吉岡 雅英 0試合 0得点 13 DF Hayato Hidai 飛台 勇人 13試合 0得点 14 MF Yoshinori Iino 飯野 義則 5試合 1得点 15 DF Takaaki Sakamoto 坂本 高昭 6試合 0得点 16 DF Takuya Ichikawa 市川 琢也 9試合 0得点 17 MF Yuya Tanaka 田中 佑弥 22試合 12得点 18 MF Takashi Imai 今井 孝志 0試合 0得点 19 FW Yoshinori Nagasawa 永沢 義則 22試合 10得点 20 DF Shunpei Imai 今井 俊平 11試合 1得点 21 MF Takashi Fujiki 藤木 孝史 0試合 0得点 22 MF Kazutaka Onoue 尾上 和隆 28試合 6得点 23 DF Takeshi Sato 佐藤 毅 6試合 0得点 24 DF Takeshi Sakai 酒井 毅 10試合 0得点 26 MF Koki Sugata 菅田 幸希 7試合 1得点 31 DF Kazuki Mitsui 三井 一樹 9試合 1得点 33 DF Takuya Nakano 中野 拓也 4試合 0得点 36 GK Tetsufumi Mori 森 哲文 20試合 1得点 68 DF Hironori Naito 内藤 浩則 0試合 0得点 88 MF Kazuki Hara 原 一輝 1試合 0得点 99 FW Akira Naito 内藤 徹 13試合 9得点
  • 助っ人

Match Cast

  • 1st バルバロッサ東京・埼玉

    助っ人のゴール 1-0
    倉方のループシュートがバーに当たり、跳ね返りを助っ人が押し込む

  • 1st 川越セピア

    川越セピアのゴール 1-1

  • 2nd バルバロッサ東京・埼玉

    瀧のゴール 2-1
    小原から右サイド永沢へ。エリア内に切り込んで折り返したところを瀧が反応し、ゴール

  • 2nd 川越セピア

    川越セピアのゴール 2-2

  • 2nd バルバロッサ東京・埼玉

    瀧のゴール 3-2
    相手ディフェンスからボールを奪った瀧がミドルシュートを決める

  • 3rd 川越セピア

    川越セピアのゴール 3-3

  • 4th バルバロッサ東京・埼玉

    菅田のゴール 4-3
    菅田のミドルシュートを相手ディフェンダーがクリアミスしてゴールに吸い込まれる。

  • 4th バルバロッサ東京・埼玉

    永沢のゴール 5-3
    エリア内での勝山のパスから、永沢が豪快に蹴り込む。

Reports

最近ナイターが続いており、気づかなかった。15時キックオフはまだまだ暑いのである。中秋の名月である今日、まだまだ日本は残暑なのである。秋よ来い、早く来い。

対戦相手は川越セピアである。セピアの名前とは似つかわないスカイブルーのユニフォームに身を包みし、円熟としたベテランプレイヤーと力自慢の若いプレイヤーの融合が、常に我々の頭を悩ます好敵手である。

気温の上昇と湿度、ヤブ蚊、さらに交代選手なしに苦しみ、なんとも低調な試合運び。走らない、走れない。さらに瀧が早々にファールを受け、足を痛める。苦しい。

そのような中、倉方の本人曰く「ミスキック」という謙遜ループがバーを叩けば、助っ人の山田が跳ね返りに飛び込んで先制。山田はさらに1本目終了間際の勝山のループのバーの跳ね返りにも飛び込み、どうやらここでスタミナ切れを起こし、その後足をつるなど苦しんでいる様子。でも、交代選手はいない。

1本目に追いつかれるものの、足を痛めたはずの瀧が2ゴール。得点王争い独走となる18点目で矢吹以来の20ゴールも射程圏内。

また追いつかれるも、いつものように4本目で突き放す。開始早々に菅田が「シュートを打つのが大切」と説くようなオウンゴールに限りなく近いミドルシュートにて勝ち越せば、最後はシュートを外しては吠える永沢が、豪快にゴールネットに叩き込んで、再び吠える。

7連勝である。
イタリア紙La Gazzetta dello Sportは、翌朝のヘッドラインにこう書く。「"Grande BARBA"の始まりだ」と。

Statistics

30 試合 17 勝 5 分 8
勝率 .680

96 得点 57 失点 得失点差 +39 
1試合平均得点 3.20 点 1試合平均失点 1.90

Stadium

レッズランド 天然芝サッカー場FB1(さいたま市桜区)