2015/03/28 (土) 15:00 KICK OFF
バルバロッサ東京・埼玉
2
  • 1-1
  • 0-0
  • 0-0
  • 1-4
5
ベルマーク大塚

Line-ups

2 DF Hiromichi Ogyu 尾久 博通 4試合 0得点 3 DF Nobuki Ogawa 小川 信樹 3試合 0得点 4 MF Tatsuo Iwasaki 岩崎 達雄 4試合 2得点 5 DF Yoshinori Mizuide 水出 吉則 0試合 0得点 6 DF Yo Kamasaki 釜崎 洋 0試合 0得点 7 MF Kan Kurakata 倉片 寛 3試合 0得点 8 MF Kenji Takahashi 高橋 賢司 6試合 0得点 9 FW Shinokazu Taki 瀧 志之和 7試合 2得点 10 FW Hiroyuki Katsuyama 勝山 紘行 7試合 1得点 11 FW Terukatsu Obara 小原 輝勝 6試合 2得点 12 MF Masahide Yoshioka 吉岡 雅英 0試合 0得点 13 DF Hayato Hidai 飛台 勇人 3試合 0得点 14 MF Yoshinori Iino 飯野 義則 2試合 0得点 15 DF Takaaki Sakamoto 坂本 高昭 3試合 0得点 16 DF Takuya Ichikawa 市川 琢也 2試合 0得点 17 MF Yuya Tanaka 田中 佑弥 5試合 2得点 18 MF Takashi Imai 今井 孝志 0試合 0得点 19 FW Yoshinori Nagasawa 永沢 義則 5試合 1得点 20 DF Shunpei Imai 今井 俊平 3試合 0得点 21 MF Takashi Fujiki 藤木 孝志 0試合 0得点 22 MF Kazutaka Onoue 尾上 和隆 7試合 1得点 23 DF Takeshi Sato 佐藤 毅 2試合 0得点 24 DF Takeshi Sakai 酒井 毅 4試合 0得点 31 DF Kazuki Mitsui 三井 一樹 2試合 0得点 33 DF Takuya Nakano 中野 拓也 2試合 0得点 36 GK Tetsufumi Mori 森 哲文 6試合 0得点 68 DF Hironori Naito 内藤 浩則 0試合 0得点 88 MF Kazuki Hara 原 一輝 0試合 0得点 99 FW Akira Naito 内藤 徹 2試合 2得点
  • 助っ人
  • 助っ人

Match Cast

  • 1st ベルマーク大塚

    ベルマーク大塚のゴール 0-1

  • 1st バルバロッサ東京・埼玉

    岩崎のゴール 1-1

  • 4th ベルマーク大塚

    ベルマーク大塚のゴール 1-2

  • 4th ベルマーク大塚

    ベルマーク大塚のゴール 1-3

  • 4th ベルマーク大塚

    ベルマーク大塚のゴール 1-4

  • 4th バルバロッサ東京・埼玉

    岩崎のゴール 2-4

  • 4th ベルマーク大塚

    ベルマーク大塚のゴール 2-5

Reports

「バルバ2015 あつがなついぜ!ステージ」の緊急開幕である。
先週、夜の朝霞にて、
「寛さん、そのベンチコート暖かそうでいいですね」
「いいでしょう。これセールで半額の9000円で買ったんですよ。」
「うわあ、いいなあ。高級ブランドのアディダスだけあって、すごく暖かそうだ。B&Dのオリジナルブランドで似たようなのないかしら、3000円くらいで、ハッハッハ」
なとど唇を青白く、歯をカチカチさせながら笑いあったわのもすっかり過去の話しである。
春の到来である。
桜は満開。
だが、我々草サッカープレイヤーに春という気候などない。
暑いか、寒いか。
夏か、冬か。
二元論の世界に生きている。
とにもかくにも、おそらく10月くらいまで続く「バルバ2015 あつがなついぜ!ステージ」の幕は落とされたのである。
難敵ベルマーク大塚。
個人能力でバルバを凌駕するに飽き足らず、往年の読売クラブもかくやというほどの一切のささくれに引っかかることもないスムーズなパス回し。チーム能力の飽くなき向上心。貪欲さにベルマーク収集に燃える人々の執念を見る。
思えば、ベルマークに勝ったのはいつのことか。
ああ、数年前に豪雨でピッチ上の水たまりがたまりまくっていた時だった。
今日の天気は?
晴天。
我々は世界を飛び回るロジカルシンキングを武器に纏うエリートビジネスマンであり、そのエリートぶりから繰り出すゴールドマンサックス社の市場分析レポートのごとく、冷静沈着かつ俯瞰的状況分析を持ってすれば、絶望だけなのである。
絶望を胸に我々は試合に臨む。
ところでら世間一般では年度末なのであった。
日本中の企業が最後のあがきに奔走しているこの時期、草サッカーを楽しむ余暇などあろうか。
バルバメンバーだけでは到底間に合わず、ライバルチームのNNPから助っ人を2名参戦し、辛うじて11人集める。そして、事情はベルマークとて同じであり、助っ人らしき選手が散見される。
ここに来て、我らは千載一遇の好機を手中にせんとした。ベルマークにとって助っ人の存在は、普段のコンビネーションサッカーを奏でるには障害になりえるが、我々にとって助っ人の存在はその人数以上のプラスとなる。
従って、一応一丁前にベルマークと同格な試合展開なのである。
当然のように先制を奪われても、すぐさま岩崎のゴールで追いつく。治りの遅い肉離れ、寝違いその他何やら何やらで、確実にアラフォーの尻尾を確実に捉えたことを痛烈に印象づける、つまりは本調子でない岩崎の今年初めのゴールである。
その後、シュートチャンス多数も、バルバの男たち共通の課題である人生に対する決定力と同様、外してはずす。逆にディフェンスは飛台を中心にベルマークを封じ込める。
この状況に気を良くしない我々ではない。
「あれ外すなんてダセー。」
「うるせー、お前だってあそこでこけたんじゃないか」
「ウヒャヒャヒャヒャー」
「素晴らしい守備ですな」
「あたりまえだのクラッカー」
「グヘへへへ」
などと戯れたりしてる間に、ベルマークは短いハーフタイムの間に眉間にしわを寄せ、課題点を洗い出し、改善点を検討しているのである。
そして4本目。
岩崎の2ゴール目があったものの、惨劇を迎えるのである。
それにしても、年度末だからこそなのか。4本目だけで4点も奪うとは。その勝利への貪欲さにベルマーク収集に燃える人々の執念を見た。

Statistics

7 試合 1 勝 2 分 4
勝率 .200

15 得点 20 失点 得失点差 -5 
1試合平均得点 2.14 点 1試合平均失点 2.85

Stadium

レッズランド 人工芝サッカー場(さいたま市桜区)