2015/03/21 (土) 17:00 KICK OFF
バルバロッサ東京・埼玉
2
  • 0-1
  • 1-0
  • 1-1
  • -
2
FCケズーリ

Line-ups

2 DF Hiromichi Ogyu 尾久 博通 3試合 0得点 3 DF Nobuki Ogawa 小川 信樹 3試合 0得点 4 MF Tatsuo Iwasaki 岩崎 達雄 2試合 0得点 5 DF Yoshinori Mizuide 水出 吉則 0試合 0得点 6 DF Yo Kamasaki 釜崎 洋 0試合 0得点 7 MF Kan Kurakata 倉片 寛 2試合 0得点 8 MF Kenji Takahashi 高橋 賢司 5試合 0得点 9 FW Shinokazu Taki 瀧 志之和 5試合 2得点 10 FW Hiroyuki Katsuyama 勝山 紘行 5試合 1得点 11 FW Terukatsu Obara 小原 輝勝 4試合 2得点 12 MF Masahide Yoshioka 吉岡 雅英 0試合 0得点 13 DF Hayato Hidai 飛台 勇人 2試合 0得点 14 MF Yoshinori Iino 飯野 義則 1試合 0得点 15 DF Takaaki Sakamoto 坂本 高昭 3試合 0得点 16 DF Takuya Ichikawa 市川 琢也 2試合 0得点 17 MF Yuya Tanaka 田中 佑弥 4試合 2得点 18 MF Takashi Imai 今井 孝志 0試合 0得点 19 FW Yoshinori Nagasawa 永沢 義則 3試合 0得点 20 DF Shunpei Imai 今井 俊平 2試合 0得点 21 MF Takashi Fujiki 藤木 孝志 0試合 0得点 22 MF Kazutaka Onoue 尾上 和隆 5試合 1得点 23 DF Takeshi Sato 佐藤 毅 2試合 0得点 24 DF Takeshi Sakai 酒井 毅 3試合 0得点 31 DF Kazuki Mitsui 三井 一樹 1試合 0得点 33 DF Takuya Nakano 中野 拓也 1試合 0得点 36 GK Tetsufumi Mori 森 哲文 5試合 0得点 68 DF Hironori Naito 内藤 浩則 0試合 0得点 88 MF Kazuki Hara 原 一輝 0試合 0得点 99 FW Akira Naito 内藤 徹 2試合 2得点

Highlights

Match Cast

  • 1st FCケズーリ

    FCケズーリのゴール 0-1
    中央からスルーパスを通され失点。

  • 2nd バルバロッサ東京・埼玉

    瀧のゴール 1-1
    キックオフ直後、相手ディフェンスのトラップミスをカットした瀧が持ち込みゴール。

  • 3rd FCケズーリ

    FCケズーリのゴール 1-2
    4人抜きをくらう。

  • 3rd バルバロッサ東京・埼玉

    田中のゴール 2-2
    田中のロングフィードがそのままゴールに吸い込まれる。

Reports

3月21日は伝統の地朝霞にて伝統の三つ巴戦、FCケズーリ戦、FC.MITSUWA戦である。
埼玉草サッカー界の底辺は我なりと勝利至上主義の徹底的排除を謳いながらも、どうしても負けられないのが、この両チームである。絶対負けられない戦いがここにある。
無論数えきれぬほど負けているのだが、そうした現実には目を向けず、絶対負けないという夢をいつまでも追い続ける無垢な中年男子たち。中年男子よ、大志を抱け!
本稿で記すは、FCケズーリ戦。
2000年の10月から対戦を続けてきた伝統の一戦であり、因縁の一戦である。
15年前、、、
あの頃は、チェーン居酒屋にて。トイレに行っている間にチャンポンされた酒を一気にそれを飲み干し、テーブルに置きに行くグラスの中に反吐を納める。これぞバルバの男であった。それが、今ではすっかり垢抜けたエリートビジネスマンらしく、ホテルのバーカウンターでマティーニなんかを啜ることはなく、赤提灯で愚痴を肴にホッピーを飲み干す。
要する本稿で伝えたいのは、我々が有していた「若さ」という優位性は失われ、勝機をどこに求めるかというと、相手のさらなる経年なのである。
さて、試合である。
梅宮といえば、漬物。梅宮といえば、クラウディアと同様に、経年といえば、劣化ではなかろうか。ケズーリはその様式美を打ち壊す。ひどい話であると、1本目の失点
2本目。
キックオフ後、勢いでなんとかしようと、ワーとやって、キャーとやっていたら、すぐに瀧が決めた。まだアラサー世代だけあり、まだまだ俺は若いとパンを頬張りながら、叫ぶのである。
3本目。
逆転を狙わんとして失点するという様式美を世界に見せつけるバルバを背に、おじさんたち、これが俺の若さだと20代田中渾身のセンターリングがあれよあれよとゴールに吸い込まれる。
果たしてこれが選評なのだろうか。
試合の詳細は動画で熟知するべし。

Statistics

5 試合 1 勝 2 分 2
勝率 .333

12 得点 13 失点 得失点差 -1 
1試合平均得点 2.40 点 1試合平均失点 2.60

Stadium

朝霞中央公園陸表競技場(埼玉県朝霞市)